Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
メインコンテンツに移動
We strive to make our website accessible and enjoyable for all users, however if there is informations you cannot easily access, please call a Salomon customer service agent at customer-phone-number or contact us through the contact form
Tips

商品とすべてのアドバイスを検索する

[opti-vibe]テクノロジーは、
快適かつ高いパフォーマンス性を目指したシューズを開発するため、6年間の研究の末に生み出されたテクノロジーです。
このテクノロジーを取り入れることにより、クッション性があり、ダイナミックな走りを可能とするシューズの開発に成功しました。

[opti-vibe]:ダイナミックな走りを可能にするクッションシステム

[opti·vibe] はクッション性とダイナミズムを兼ね備えた独自のコンビネーションで、走行時に発生する脚への衝撃と振動を軽減しつつも、推進力を発揮します。

踵部分にクッション性と反発力という2つの異なる特性を持つ素材を組み合わせたパーツを配置したことで、走行をサポートするクッション性がありながらも、脚を保護する安定感があるという需要を満たしたシューズになっています。

高いクッション性がありながらも快適で、ダイナミックな走りを可能にすることができるので、ヒールストライク着地のランナーにとって良い効果を発揮するでしょう。フォアフット走行を目指すランナーにとっては、ドロップの低いモデルを選ぶことで、パフォーマンスアップにつながるでしょう。そして、何より疲れが出始めたときに、踵のテクノロジーによる快適性を感じるでしょう。

[opti·vibe]を搭載したコレクションを見てみよう

ランニング時におけるクッショニングの重要性

着地時の衝撃を軽減することで、関節、筋肉、腰への負担が軽くなり、よりリラックスした走りを導くことが可能になりました。

衝撃に加え、着地の度に生じる振動により、筋肉は収縮する傾向にあります。この振動が蓄積されることで、筋肉疲労が起こり、推進力が出せなくなってしまいます。言い換えれば、推進力を生まないエネルギーを使ってしまうことで、体力の消耗を早めてしまうことになるのです。踵部分に独自のクッション性能を持たせたことにより、走行時の振動が減少し、長距離を走る際にも、より快適で疲れにくい走りへつなげることが可能となりました。

さらに、理想的なクッション性がありながらも、安定感があり、足裏で路面を感じることができるという点にも注力しました。クッション性が高過ぎるシューズは、無駄な反発力を生み出すことになり、ダイナミックな走りができなくなってしまいます。結果として、無駄な動きが生じ、効率的な走りができなくなってしまいます。

[opti·vibe]のコレクションを見てみましょう。

それでは、最適なクッション性とは何でしょうか
最適なクッション性のあるランニングシューズは、あなた自身を守ってくれる快適さを与えてくれるものです。クッション性は高過ぎても、低過ぎてもよくありません。

ダイナミズム:効率とパフォーマンス

ダイナミズムはランニングシューズの開発にとって大きなチャレンジです。それは、動きに対して適切に反応し、エネルギーを省力化したストライドに導くことができるシューズを生み出すということです。シューズの回復力や反発力がなく、足が地面にくっつくような感覚のシューズを望むランナーはいないでしょう。高いパフォーマンスを発揮したいと思っているランナーにとって、ダイナミズムはストライドとシューズが生み出すランニングの基本軸として期待されているものです。

これまで、ダイナミズムとクッション性は相反するものとされてきました。それでは、どのようにしてダイナミックな反発力を与えながらも衝撃と振動を抑えることができるのでしょうか?この点に着目して、[opti·vibe]のテクノロジーは誕生しました。

[opti·vibe]のテクノロジーは、特にヒールストライク着地のランナーにとって有益なダイナミックな反発力を失うことなく、快適性を生み出します。また、フォアフット走行のランナーに対し、[opti·vibe]が長時間のトレーニング走行や、笑顔で次のレースと完走するために必要なさらなるクッショニングと反発力を提供します。

[opti·vibe] 搭載の商品: