メインコンテンツに移動
We strive to make our website accessible and enjoyable for all users, however if there is informations you cannot easily access, please call a Salomon customer service agent at customer-phone-number or contact us through the contact form

2025年の目標

従業員満足度を維持(現在、80%の従業員が「満足」または「非常に満足」と回答)。
給与支払額の2.5%をトレーニング/指導に投じる
100%のサプライヤがSalomonの社会的コンプライアンスの最低基準を確実に満たす
廃棄物のリサイクル/リユースを事業全体で70%に引き上げ

Annecy Design Centerでの活動

安全な駐輪場

従業員が自由に利用できる136台分の安全な駐輪場を備えています。

輸送

Salomonは地元団体の一員として、自転車専用道路、駐輪場、車の相乗り、バス(徒歩圏内に3路線)、電車(駅まで徒歩5分)など、低炭素の輸送手段(Mouv’eco)の開発を行っています。

労働協議会

ADCは、37のスポーツクラブとカルチャークラブを運営し、およそ900人のメンバーが参加しています。

Annecy Design Center

Annecy Design Center(ADC)は33,500平方メートルの広さを誇り、毎日700人を超える人たちが集まります。

スポーツ室・ヨガクラス

ADCには110メートルのスポーツ室があり、1/3の従業員が定期的(仕事前、昼休憩、仕事後)に運動しています。ヨガルームもあり、従業員は週3回、ヨガクラスを受けることができます。

自然食品

毎日600食を超える食事を提供しています。その15%が自然食品です。

社内イベント

Salomonは、年に2回以上、全社員を対象とした社内イベントを企画しています。楽しい時間を一緒に過ごし、素晴らしい瞬間を分かち合うことが、このイベントの目的です。2010年12月以降、クリスマスパーティーは当社の伝統となっています。すべての従業員が特定のテーマを決めてドレスアップし、ADCで夜遅くまでパーティーを楽しみます。

トレーニング

700人の従業員に対して、1万時間のトレーニングを提供。これまで、約1,000ものトレーニングを行いました。

社会的コンプライアンスの監視

Salomonは、Amer Sportsを通じて、サプライチェーンでの人権の保護、労働条件と透明性の向上に努めています。ビジネスパートナーおよび製造施設がSalomonの基準を遵守していることを確認するために、社会的コンプライアンス監視プログラムを導入し、Amer Sportsブランドの既存・新規サプライヤ(および当社の製造施設)に対して監査を行っています。
Amer Sportsの社会的コンプライアンスのアプローチには、サプライヤ向けの行動規範と倫理方針(25か国語に対応)、社会的コンプライアンス方針があります。サプライヤは倫理方針に署名しています。
Amer Sportsの香港の部品調達事務所が管理するAmer Sportsの広範に及ぶ第三者監査プログラムは、サプライヤが倫理的な業務基準に従うことを確認し、社会的責任チームは社会および環境管理システムプログラム(SA8000)に基づいて訓練されています。

重要なデータ:社会的コンプライアンス監査結果

79%
の工場が 監査スコア75%(ゴールド)を超える

監査結果を確認・分析し、能力開発トレーニングの機会を特定しています。「完全準拠」ステータスを取得したサプライヤにはトロフィーが贈られます。Amer Sportsは、Better Factories CambodiaプログラムのBetter Workなど、さまざまなNGOと協力し、定期的にILOのBetter Workワークショップに参加しています。工場内のポスターには電子メールアドレス([email protected])が掲載されており、倫理方針に違反しているというフィードバックは、Amer Sports Asiaの部品調達事務所が機密性を維持しながら対応しています。

Higgインデックス施設モジュール

サステナブルアパレル連合(SAC)は、持続可能な生産を目的とした、アパレル、シューズ、家庭用繊維製品業界における最大の団体です。Salomonは、2015年にSACに加盟し、Higgインデックスを使用してブランドとサプライチェーンの環境および社会への影響に関する進捗状況を測定する取り組みを行っています。世界的に認知されているこのツールを、日々の業務に組み込むことを目標にしています。

メーカーは、Higg施設モジュールを使用して、少なくとも年1回、各施設の社会および環境パフォーマンスを測定するとともに、SAC認定の施設内評価者により環境モジュールの評価を検証しています。施設管理者は、そのパフォーマンスを同業者と比較することができます。モジュールの要求水準の質問は、メーカーにとってホットスポットに関する明確な改善指針となり、現在のベストプラクティスを概説するものです。施設環境モジュールは、環境管理システム、エネルギー利用、温室効果ガス排出、水の使用、廃水/廃液、大気排出(該当する場合)、廃棄物管理、化学物質の使用および管理を測定します。

higg chart

46%
高指数の施設モジュールを使用するSalomonのアパレルとギアの工場の割合

Salomonのようなアパレルとシューズのブランドは、Higgインデックスブランドモジュールを使用して自社の製品および業務における環境的、社会的なフットプリントを測定し、改善を図っています。Salomonは、2016年にアパレル&ギア、シューズに対してブランドモジュールの使用を開始しました。スコアを改善し、全体的な影響を削減するために、具体的なアクションプランを作成しています。

関連PDFのダウンロード

改善が確認された分野

  • 組織のニーズを満たすためのトレーニング費用を最適化し、雇用を維持
  • サプライヤとカテゴリ別の社会監査スコアの一覧を公表
  • 全サプライヤにHiggインデックスを使用し、持続可能性へ与える影響を評価するよう働きかけ、サプライチェーンに対するポジティブな変化を促進

SALOMONについて

Salomonは1947年の創業以来、フランスのアルプス地方で、遊びを追求してきました。
アウトドアスポーツや新技術、職人技に対するSalomonの情熱が、大自然を自由に楽しみ、挑戦するための進歩的なギアの開発力を高めています。
待たずに進む。
It’s time to play.